2011年10月23日日曜日

バズーカ

セサミストリートで、エルモやビッグバードはやっぱり誰にでも愛されるポップさにあふれているし、クッキーモンスターとかオスカー(ゴミ箱に入ってるやつ)にはオルタナティブでロックな感じの魅力がある。バートとアーニーのコンビからはオールディーズの漫才を見ているような安心感を感じる。


そんな中、青っぽくてぬらっとしたおじさんみたいな雰囲気のグローバーは何か異様な感じの存在感を持ってるような気がする。子供の頃はなんか見ててすごいムカついた(理由は不明)。嫌いとか気持ち悪いとかそういうのじゃなくて「こいつイラッとするわー」っていうやつ。見てると心のどっか変な部分のでっぱりに引っかかる感じがするんです。なんか…素敵です。









次のライブ


10/30(日)@八丁堀七針
18:30/19:00  ¥1800/¥2000
出演:ソボブキ(西尾賢[pf/三味線/vo/etc]+藤の木みか[perc]+松本健一[sax/vo]+伊藤啓太[cb])、Alfred Beach Sandal、カピバラス、ふくらはぎばたけ






すばらしい対バンです。内容は保証しますのでぜひ見に来てください。「良い音楽が聴きたい」と思っている人なら絶対満足できると思います。「ペヤング食いてえ」と思ってる人はあんまり満足できないかもしれません。でも来てみてもらえたらなんか感じるところあるんじゃないかって思います。
この日はばんせともひこ(無骨さ)と一緒にやります。

0 件のコメント:

コメントを投稿