2013年5月21日火曜日

最後の一人になるまでなんとなく居残る

十代の頃や二十歳そこそこの頃に持っていた、自分の中の確固たる基準や信念みたいなやつは、色んな人と知り合って、喋ったりして、なんとなく何度か歳を重ねてくうちにどんどん曖昧になってしまった。
要するに大人になるということなのかいなとか思ったりしますが、そこはやっぱり人それぞれに違って、自分の美学を曲げずに大切にしてたり、他のことはたいていどうでもいいけどそこだけはそこだけは譲れませんというのがあったりと、色々だよなー…やっぱり…と実感することが最近ありまして。
しかし俺は、最初の段落でも述べましたがそういうのがどんどんわけわからなくなっていく一方です。いや、こだわりがないわけではないし、むしろ、自分のこだわりに追いつめられてかなり神経質になってる時などは、眠れなくなって深夜四時にミニストップに行ったりしてしまうぐらいなんだけど。なんていうの、前は「これはダメっしょ。無しでしょ」って思っていたものが、今日は全然アリ、ぐらいならまだしももはやサイコー!みたいになってしまってることが多々あるので、もう自分の信念なんてまったくあてにできない。社会とか、信用できないけど、自分だって信用できない!あああああ
「他人にあんまり興味ない人だよね」と言われることがこれまで結構ありましたが、それなのにめちゃくちゃ人の影響受けやすいんだな俺は、、、、、






5/26に中野のセントラルパークで行われる太陽と星空のサーカスというイベントで、弾き語りのライブします。イベント自体は5/24〜26の三日間やるそうです。王舟もソロで出ます。
昼12時から王さん、12:40からわたくしです。







『殺しが静かにやってくる』。最近見たんですが、あまりに不条理すぎて度肝抜かれました

0 件のコメント:

コメントを投稿