2014年12月31日水曜日

2014から2015

2014 年はアルバムのレコ発一月にやって、そこからいろんなとこにライブに行きました。


名古屋、大阪、岡山、仙台、ソウル、岐阜、沖縄、京都、広島、三重


たくさん演奏して、友達と遊んで。振り返ると割ともがいてた感じの一年ですけど、あっちこっちの街で演奏できたのはすごい楽しかった。


いなくなっちゃった友達や、なくなっちゃった場所。少しずつ変わってくこととか感じることも多くて、悲しかったりもしたんすけど、自分はやることがあるので、とりあえず気合いいれてやってくしかないかなと思ってるっす。どうもありがとうございました〜



FROM 2014 TO 2015

2014年11月5日水曜日

ローソン前に向かって駆けてくるハイハワ原田

弾き語りでライブをしばらくやっていた後でバンドになると、リズムの感覚が一人用のになっちゃってて、バンドでグルーヴするようになるまでちょっと慣れというか、勘を取り戻さないといけなくなる。
まあ俺が下手なだけなんすけど、一人のときは歌の節まわしで拍が伸び縮みしてるし、なにやってても勝手だから。バンドサウンドというのは音数の問題じゃなく構築だなと思いますね(たぶんみんなそんなことはとっくにわかっている)!しかしじゃあどっちかのリズムを基準にすればてっとりばやい、みたいな、そういうことでもなくて、自分の音楽にとってはどっちのあり方も大事なので、「あ〜また感覚忘れてる〜」とか思いながら間を行ったり来たりするほかないだろう。


「ライブハウスでバンドでやるの久しぶりです。大阪ぶりです」とか言ったけど、六月ぐらいに東京でやってたかも...まあなんでもいいや.......。
MC全然しゃべれず。馬場ちゃんからも「MCクソだったね」って言われたけど、最近はもう別にクソMCしても何も悪いと思わなくなってきてて、そうなるともうどうしようもない。この糞道(くそみち)を行ききるしかない。
出番最初だったから缶ビールを買いまくり飲んでたらなんか楽しくなってきて、いろんな人とペチャクチャしゃべった。ライブ後はここ半年ぐらいで一番流暢にしゃべれてたかも。ステージ上では話せないけどコンビニの前だと超話せる。もうダメだ。
岩見さんは夏目がGAPのモデルした話を聞いて、「じゃあ服いっぱいもらえるの??ちょうだい」とかいって、7歳の年齢差を感じさせないたかり方をしていて、その全然リスペクトされなそうな姿勢でいくの超いいなと思った。岩見継吾a.k.aパパ


Homecomings、吉田ヨウヘイgroup、キラキラしていた。彼ら彼女らからしたら俺たちはもう石や枯れ木のように見えたかもしれない。せめて砂っころにまみれたバイソンに見えていてくれたらよいと思う。音楽だけじゃなくて日々の生活においても自分がうっちゃってしまったものを感じさせられた。あの瑞々しさに対抗するにはおれは「Night Bazaar2」を作るしかないかもしれない。しかし、お祭りの時にも裏路地のゴミくず探しに夢中になってしまうような自分の性格では、それももうかなわなそうな気がする。







2014年10月29日水曜日

ギターっと歌

売れるとか売れないとかなんかもうそういう問題じゃないけど、ギターってなんか構えがださい


あの構えでさらに深刻そうに歌とか歌われると、それだけで自分にはずいぶん滑稽に見えて、なんとなくすんなり入ってきづらい。それでもかっこいい人はやっぱ本物だけど


情感こめられるのが昔から結構苦手で、そういうのは佇まいで語って欲しいし、なんていうか男のシンガーソングライターって特になんなんだろうって思う。女性だとなんでだかまた感じ方が違って、湿っぽくても好きなシンガーソングライターたくさんいるんだけど。
音楽がかっこよければなんでもいーんだけど、言葉はリズムだし、旋律はフロー、コードはハーモニー、弾いてるのは身体だから人間とか性格。おれは音楽については無知


おれはなんで弾き語りなんかやっているんだろうか
曲ばっかつくってる。ライブもっとやりて〜〜





――――――――――




roji8周年、ピンポン食堂10周年、ともにおめでたい日のイベントに呼んでもらえて、嬉しかった。自分の音楽はまったくアニバーサリーに向いてないなと演奏しながら思ったが、デディケイトのつもりで精一杯やった。(ちなみにロジとピンポンはオープンの日まったく一緒らしい。すげえ!西と東で。お店出すには縁起いい日なのかも)
ピンポンのライブ終わっておくまんで飲んで、さらにその後で小倉君じーまちゃん、聡子ちゃん杉本君と一緒にカラオケ行って歌って踊りつくした。めちゃ楽しかったし、小倉家で猫と一緒に寝て、最高だったとしかいいようがない

2014年10月10日金曜日

月食を見ようと住んでいるアパートの屋上にのぼった。屋上へは梯子がかかっているのだが、のぼっている人を見たことがない。

見上げてみると月はもう下のほうから欠けはじめていて、しかもばっちりのビュー。これは縁起がいいな、という気になって真っ暗な屋上で小躍りしていたら、向かいのマンションに帰宅中の人に見られていて、「何してるんですか」と不審がられて、「月っす」と答える

2014年10月4日土曜日

south

よく見るとたつひこが指差す先、おばあちゃんが貝かなにかを拾っているのがおわかりになるだろうか


「沖縄にツアー行くんだ」と言うと、「楽しそうだけど、なんで九月なんてそんな台風シーズンに行くの?」と返されたりして、沖縄初心者の自分は「(マジか、、そうなのか、、、)」とドキドキして、出発まで天気予報をチェックしまくっていたのだが、終わってみれば台風17号と台風18号のちょうど合間、毎日ピーカンで終わることができました。


ツアー中泊まらせてもらったSMOKEのミーチューさんの家はまわりをゲイバーに囲まれていて、朝の七時ぐらいまでカラオケのエコーが響き渡っていた。一階のSMOKEでうまい酒たらふく飲んだ後で、裏口を出て狭い路地の階段を昇っていく入り口の感じとあわせてsouth asiaの感じすごくて、その雰囲気にビンビンきた。ツアーに出るといつもそうだけど、知らないとこに来たんだなーって思って、自分がちょっと新しくなってるように感じられて(気のせい)、興奮する。(みーちゅーさんみゆきさん、ほんとめっちゃお世話になりました。ありがとうございました)
「沖縄いくんだったらおれも(私も)行くよ!」とか言ってた人たちは、様々な事情で馬場ちゃん以外は来なくて、なんでい、と思っていたけど、食って飲んで演奏して、結局えらい楽しい目にあってしまった。街には猫がたくさんいたが、どれもすごく細身で、痩せてるっていうよりちょっと種類が違う気がした。
今回三日間でライブ五本ていう、自分にとっては未知のハードさだったけど、演奏でへろへろになりながらも、すごい説明が難しいたぐいの刺激を頭に刺さるビームのように感じてて、いい思い出できたッス...。


いろいろ起こったし、みんなにまた会いたいんで、また行きます!!



最終日、SMOKEでのライブは宇宙になった(写真:ちねんちゃん on石黒さん機材助けてくれてまじありがと)


2014年8月26日火曜日

王舟と新間くんと、合宿をした。一晩にわたって音を発した。もう夏も終わりなのか。


音楽と宗教は似てる。音楽やってて、金儲けとか自己の?表現?とか?(いや〜さすがに違うッスかね...)みんないろいろ事情はあると思うけど、自分の究極の目標って、スピりたいに尽きる気がするもん。
そのためにやったろうってことなんだけど、まぁ人間の一生かけてもできるかどうかっていうやつだからさ。あがいてるとしか言いようがないよね...。錬金術だ。
だから簡単にスピってる感じになってるやつ見ると、なんかむかつく。俺いままで生きてきてそんなんなったこと全然ねーもん!!ズルい!どうなってるの?嘘ついてない??****の力借りるのとか裏技攻略本見てる感じだから反則にカウントしますよ。
モノスゴイ人たちが、理解されなかったり狂人になったりっていう結末。それはとても悲しい。


キックボクサーの神村エリカ選手が22歳の若さで先週引退を発表されまして、残念です。


かっこいい。好きでした

2014年5月28日水曜日

ABS Korea Tour 2014

韓国ソウルにツアーに行きました(写真は大概がマネージャーと撮影スタッフしてくれてたswanくんによる。それ以外はメンバーが撮ったか、ネットで拾ったもので構成しております)





序章(前乗り)
インチョン空港着(飛行機二時間遅れた)

着いてスタジオでリハ。始めようとしたら、現地で借りたウッドベースが結構ボロくて、弾いたらボディ内部の根柱が倒れて分解しかけて、全員で本当に焦った。次の日のライブできないかも、、、。が、岩見継吾が自力でリペアして(すげえな)、なんとか演奏可能なとこまでいけそうに。よかった〜
  
よかった〜〜〜〜
週末のホンデのクラブ街の盛り上がりかたは尋常じゃない。とんでもなかった。アニマル。筋肉量の違いを見せつけられたな。



  
                   一日目
5/24はLIG ART HALLでライブ。ものすごいキレイで巨大なビル内のホールで、びっくり

こんな感じ。共演はAmateur Amplifier、Wedance、푸르내(Bluestream)
転換時間が異様に短くて、転換中のBGMもなくて、なんかシュールで面白かった。不思議だなと思ってたけど、ようするに会場が演劇とか舞台の公演をやるところだから、そのスタイルみたい。ライブはサイコ〜のうちに幕

ぎゃはは

サムギョプサル

ぎゃははは
 


 

二日目
次の日は激辛冷麺を食べるとこからスタートしました。うまかった。みっちゃんの美味いものセンサーは強力。このあたりから岩見さんが目に見えて太っていくのだった

ライブは雨乃日珈琲店で。前日とは変えてアコースティックで

対バンはLang Lee Band!以前と違ってキーボードのメンバーが加入してた(写真では見切れてます)。バンドが仲良さそうで、とてもよい

この日もサイコーでした。雨乃日の清水さん夫妻と



                   三日目
雨乃日清水さんのレコメンでいった韓国家庭料理のお店。すごくおいしかった。ここで食べた白菜チヂミは、今まで人生で食べたチヂミの中でダントツナンバーワンのうまさだった。

イランちゃんちに遊びにいく

そして漢江へ。青春!Bump of Chickenのアー写

ツアーオーガナイザー、Helicopter Recordsのパクダハムくんと

ツアー最終公演は、追加公演。Jebidabangというバーです

ABSのセッティング

共演はYamagata Tweakster!ライブの最後路上に出るっていうYamagata必殺のやつは、停まってた選挙カーに乗り込むっていうめちゃくちゃアナーキーな結末だった。最高。
おれらも負けじとプレイ。いやー、演奏は三日ともほんと楽しかったなー。岩見さんが、三日間でボロボロのウッベを演奏を通じてどんどんビルドアップしていって、音の鳴りが日に日に良くなっていった。何かにつけて食べまくってて、体格もどんどんビルドアップしていってた。
酒の妖精こと光永渉も一発入魂で叩きまくってました!acid!!

三日間おつかれやんした〜〜。これにてツアー終了

おみやげたち







韓国ツアーは2012年に続いて二回目。二年前に出会った友人たちが主にオーガナイズしてくれた。音楽通じて仲良くなって、一緒に特別な時間を作る。こんな最高なこと他にあるかな?いつだってライブやツアーでの出会いは特別だけど、今回はマジックかかったように思える瞬間モーメントがたくさんあって、みんなのおかげでほんとに大事な旅になったように思います。あたたかいサポートしてもらって、東京帰る時とても寂しかった。
Helicopter Recordsパクダハムくん、マネージャー&撮影してくれたスワンくん、Curly Sol Recordsラフさん、イランちゃん、ヘミちゃん、インチョルくん、キーボードの彼女(名前ききそびれ)、清水夫妻、Somoim Records社長、Wedance、Bluestream、Yamagataあるいはアマチュアことハンヴァさん、ラフさんのガールフレンド、関わってくれたみんなにほんとにほんとにほんとに感謝。こころからのありがとうを。

余韻が冷めないうちに記しておきます。
 

2014年5月13日火曜日

ここ最近の出来事



・福島県福島市の飯坂温泉にある共同浴場の鯖湖湯。仙台でのライブ前に。だいぶ熱いお湯!!岩見家にお邪魔した



・吉祥寺のバウスシアターでイエジースコリモフスキの『シャウト』見る。いびつなパワーに溢れててすごくよかった


・時々こころがここにないような感じがして、ザワめく。どこかにはあるはずなんだけど...


・東京都美術館に『バルテュス展』見に行く。美術館にはめったに行かないけど、広くて静かで誰とも喋んなくてよくて、よいもんだなと思った。バルテュスの絵もとてもよかった。色が好きだった。少女をモチーフにしててもロリコンじゃない。当たり前だけどデカイ絵は生で見たほうがよいな。



・植本一子さんと会う機会が多かった。楽しそうだったり、怒ってたり、悲しんでたり毎回様子が違った


・家の近所にある魚屋は、背の低くて愛想のとてもいいおじさんたち数人が働いていて、魚うまくてとてもよい店なんだが、ちゃかちゃか細かく動いてニコニコした表情で「この切り身はソテーにするとおいしいからね」などと言うその小さいおじさんたちの雰囲気がなぜかみんな似通っていて、そういう心優しい妖怪のすみかに思えてきて、心の中でこっそり「ゴブリンの魚屋」と名づけている


・神保町試聴室に白い汽笛セプテット見に行く。久しぶりに会う友だちがたくさんいて、おわーっとなったが、ライブ見に行って友だちが大勢いるとすごく緊張してしまって喋れなくなってしまう。そうして帰りに一人になってからすごい悪いことした気になるの、もう何度もやってるけど毎回そうなるなー


・夜遅くにバンド練習

2014年5月1日木曜日

これだよこれ


レディースアンドジェントルmen


今日暑かった〜暑かったよ〜〜


やっと春が終わった。長いトンネルを抜けた。おれの一年通してのブレイクスルーはいつもこの瞬間にあるんだ。今年は5/1ことメーデーだった。
ここ何年も、春になるとずっと調子悪かった。花粉症とかもあるかもしれないけど、それだけじゃないぐらい、冬から徐々にあったかくなってく気配近づく三月ぐらいから気分は塞ぐし何もせずダラダラする時間が長くなるのだ。風邪もひきやすいし、寝てばかりいるし、この時期は顔もおじさん度が増してて、いつもより父に似ているのだ。
自分にとってのこのバイオリズムをようやく一昨年ぐらいから自覚するようになって、よくよく聞けばこういう春期鬱の人、他にもけっこういるみたい。まあ鬱とかいうほどたいそうなものでもない気はするし、全然ふつうっちゃあふつうの生活しているのだけど、それでもやっぱり他の季節と比べてエンジンのかかりが悪いのだ。春はきらいだ。本当におれには向いていない。心も身体もやられる。なんか息苦しい。ダメ



しかし震災の年の春だけは、完全にアッパーだったけど(怖かったから)



夏っぽい曲多いし、夏好きなんだねと言われるが、そうじゃなくて春が本当に苦手なので、春が終わった瞬間の喜ばしさが大きくて、その時期に作る曲が多いだけなのだ。
本日はすべてが輝いて見えていたし、ロストディケイド〜spring〜が終わり、これからはなんだってやれるんだという気分がみなぎっていた。なんといっても最高気温が25℃あったのだ。今年のおれはこれからブレイクするんだ。






2014.5.1を祝う




















2014年4月23日水曜日

炎のチャレンジャー(フェルマーの最終定理)

トクマルシューゴさんが譜面にしたMountain Boysです





4分の4で解釈した場合



8分の11で解釈した場合


32分の34と、32分の35で解釈した場合(リフの前半と後半で。もうめちゃくちゃ)










病的だな......
僕は譜面できないし体で覚えてやってるだけなので正解はわかりませんが、こっちのほうが正しいっていう解き方わかったら連絡ください

2014年4月16日水曜日

野生



魔法のような瞬間を求めてやってる。闇雲にかきわけてても中身がないから、なんかしらのコンパスというか、地図が必要なことは確かだけど、でもそれが教科書になっちゃったらもう意味ないじゃん。
やり方なんてなんでもいいんだけど、なんでもいいんだけど、教科書を感じさせないでくれよってのはなんかアルっすね!可能性を感じたいのにさ!



スタイルじゃなくて音だって、よく言ったもんで、しかし、ノリだけでもあかんのでPRACTICEに余念無しでいきたくても、いつまで経ってもヘタクソなのだ。





ヘロイン






2014年4月11日金曜日

VACA


ダラダラしたり、怠けたりしてないと曲できない。



ロジェ・カイヨワの『遊びと人間』によれば、



遊びは贅沢な活動であり、余暇を前提としている。飢えている人は遊びはしない。次に、遊びは強制されて行われるものではなく、ただ楽しいからつづけられているわけで、したがって、退屈し、飽き、あるいは気分が変わったというだけで、遊びは左右されてしまう。また他方、遊びは建設も生産もしないように定められている。なぜなら、その結果を御破算にするのが遊びの本質だからだ。それに反し、労働と科学とは自分の生む結果を資本蓄積し、多少とも世界を変革するのである。さらにまた遊びは、内容を無視した形式信仰を助長するが、もしそこにいささかでもエチケットや体面や、せんさく好きといった趣味が混じ、官僚主義や手続きの繁文縟礼(はんぶんじょくれい)が入ってくるようならば、この形式信仰は偏執狂的なものに墮するかもしれぬ。
――(ロジェ・カイヨワ『遊びと人間』p.27、多田道太郎・塚崎幹夫訳、講談社学術文庫、1990)











ホンゲェ









2014年3月30日日曜日

マーケット


友だちと、パキスタンの人がやってるスパイスのお店行った



2014年3月24日月曜日

BODY AND SOUL

ツアー行ってました。お世話になった皆さん、見に来てくれた皆さん、共演の方々、ほんとにありがとうございました。



名古屋ブラジルコーヒーでのワンマンのあとはミツメのツアーに合流だったんだけど、ミツメはメンバーだけでなくスタッフ含めてみんなスラッとしてて手足が長くて、すごいクオリティーだなーと思いながらちょっと離れたとこから眺めていることが多かった(話しかけられない)。
やっぱり似た体つきとか骨格の人って無意識に仲良くなりやすいとかあんのかなーとか思って、そういえばそういうのって前に人に教えてもらった野口整体の体癖の話とかに共通するやつかもとかピンときて、そう考えると自分の友だちは胴長短足が多い気もする。胴長短足の人を思い浮かべるとなんかホッとするし、会話のタイム感も近いような気がしてくる。わかんないけど。気のせいって言われれば気のせいだわ。
(後日注:詳しい人に聞いたところ、野口整体は体つきが違うほうが相性はよいという考え方が基本だそうですので、全然ちがいました)



ミスターサマーオブファンa.k.a"なでしこジャパンの大野選手に似てる人"に物販手伝ってもらったときに、彼はモラルが崩壊してる人なので、普通にライブハウスに缶ビール持ち込んで飲みながらやってて、そしたら案の定会場のスタッフの人に「外で飲んでもらえます?」って怒られたらしいのだが、それに対して「あいつパーティーわかってねえ」とかいう完全に破綻した論理で逆ギレしてて、それを見たDJクソバイス(@whatman_)は彼のことを「犬畜生」だと表現していた。
そのあと三人でハイデガーなどの話をした。

2014年2月26日水曜日

フレーズ積み重なる。歌詞おもいつかない




わ〜〜〜〜

2014年1月31日金曜日

リリック書く

引っ越してもあいかわらず前住んでた町の喫茶店(といっても隣の駅)に通ってる。


今日、隣のテーブルに座ってた女性二人組の会話のグルーヴがすごい自分好みで、一瞬でちょっと好きになった。かわいかった。


やっぱ波長よねー。リズムってか、波、サーフィン。ライドオンするかで生まれるかどうかさ

2014年1月15日水曜日

L-O-V-Eのコード進行

ワンマン来てくださったみなさま、サポートしてくれた友だち、ほんとにありがとうございました。楽しかった〜。けっこうあっという間だったな。


わかりやすく気が抜けたのか、風邪ひいた。
家で寝っころがってAKIRA読んでます。



あけましておめでとうございますー今年もよろしくお願いします。いろいろやってきます
(ようやく年あけた)

2014年1月3日金曜日

ニルヴァーナ

昨年から引き続きNEVERMIND 熱冷めないです


アルバム出してまだ一ヶ月しか経ってないのかー。もっと経ったように感じる。
でももう来週レコ発




おれたち黒いニルヴァーナ(メガネの縁が黒い)